NPO法人

あがた農楽園

高齢者も障がい者も若者も、みんな農業で笑顔になる

家族農業
 
EPSON003_edited.jpg

私たちの団体

​県地区の農家が中心となり、令和2年12月にNPO法人を設立しました。

私たちは、足利市県地区のすでに利用されなくなった農地を再生して農園を開設し、就業機会の少ない地域の高齢者や若者、障がいのある人たちへ就労の場を提供しています。

また、農に関連する楽しいイベントを開催し、地域や世代を超えた仲間の輪をひろげる活動にも取り組んでいます。

​そして、みんながともに等しく、生きがいを持って暮らせる場(よりどころ)を創出し、活力ある地域へとつなげていきます。

 

活動の内容

​​私たちは、「仕事をつくる」「仲間をつくる」「未来をつくる」をキーワードに活動しています。

RIE_4405.JPG

仕事をつくる

​​遊休農地を農園に再生して新たな就労の場をつくる

社会福祉法人渡良瀬会(就労支援施設の障がい者)がパートナーとなり遊休農地を借りて農作物を栽培しています。

夏はじゃがいも、秋はさつまいも、冬から春にかけてはスナップエンドウです。

生産された農作物は、私たちの活動を支援してくださっている会員にお配りするほか、渡良瀬会が運営する「カフェよこまち」、地元の商店などで販売します。

​(写真:ジャガイモの収穫)

​​仲間をつくる

​​ふれあいと交流の機会や場所をつくる

農業を志す若者の就農指導はもとより、いちご狩りなど家族で楽しめるイベント、おせっかいな婚活、農家の困りごと相談などを通じて仲間の輪をひろげます。

会員による演奏会や有意義な研修旅行なども計画しています。

​​(写真:いちご狩り)

RIE_3736.JPG
RIE_4597_edited.jpg

​​未来をつくる

​地域ならではの魅力を発信する

人が集う元気な地域づくりを進めるため、秋には荒畑をコスモス畑に変え、​冬は、東武鉄道県駅の南側の公園にイルミネーションを飾っています。年々電球の数を増やして足利フラワーパークに負けない手作りの夜景づくりを進めています。

また、あがた駅南遺跡から出土した縄文時代の遺物を、沼田居美術館で展示するほか、筑波地区の古墳パネル展を開催するなど文化の継承事業にも努めています。

​​(写真:県駅南公園イルミネーション)

 

農楽園 de 笑顔

あがた農楽園のシンボルデザイン

​原画は社会福祉法人渡良瀬会の颯さん

高齢者も障がい者も若者も みんな農業で笑顔になる

原画1.jpg
 
 

農楽園トピックス

畑仕事
 

スナップエンドウの​​種まき

​ビニルハウスにスナップエンドウの種を蒔きました。

11月頃から収穫できます

あがた農楽園では、ビニスハウスで栽培しますので、甘くて柔らかく、形の良いスナップエンドウが育ちます。収穫時期も長く、作業は来年の5月まで約半年間続きます。

​​2年目の挑戦

​​昨年は、試行錯誤の連続で、残念ながら収穫量が思うように伸びませんでした。その経験を活かし、今年はみんなリベンジに燃えています。

スナップエンドウ種まき1.jpg
 

​「あいか」と「はるか」

子ヤギ2匹の名前が決まりました。たくさんの応募ありがとうございました。

可愛い名前ありがとうございます。

​「あいか」はイチゴの”とちあいか”から、「はるか」はさつまいもの”紅はるか”に由来し、母音がアで終わる名前は幸せになれるということです。

​​東武鉄道県駅の南側公園にいるよ

​東武鉄道県駅の南側公園にいます。ぜひ見に来てください。​​農楽園のいろいろなイベントにもキャンペーン・ガール(ゴート)として登場します。

IMG_3396.JPG
 

みんなで​夜を飾ろう

​​あがたスマイル・イルミネーションの参加者募集!

電球を持ち寄り飾りつけに挑戦

​あがた農楽園で、電球を飾る骨組み(大小ピラミッドや動物)を用意しますので、イルミネーション用の電球を持ち寄って飾りつけてみませんか。個人でも団体でもOKです。12月の中旬から2月頃まで点灯します。(会場は東武鉄道県駅南公園と産業団地北側緑地帯)

​希望者には「点灯記念プレート」設置

​あがたスマイル・イルミネーションの参加記念として、希望者には飾ったモニュメントに名前や名称など「点灯記念プレート」を設置します。

​参加希望やお問い合わせは、このホームページの「問い合せ・申し込み」フォームからお願いします。

ツリー.jpg
 

農業体験学習

​​頼もしい助っ人がやってきた

​​協和中学校の生徒40名

​協和中学校の2年生が農業体験学習で、農楽園のジャガイモの収穫を手伝ってくれました。渡良瀬会の障がい者と一緒に、男爵、メークイーン、キタアカリの3種類のジャガイモを元気に掘って、コンテナに詰め運んでくれました。2時間の作業の後、会員のイチゴハウスでいちご狩りを楽しんでもらいました。作業がはかどりとても助かりました。

DSC_0331_edited.jpg
 

​コスモスが咲いてきた

​​藤本観音山古墳のコスモス畑

(6月16日撮影)

去年のコスモスが自然発生

去年、藤本観音山古墳の周辺に作ったコスモス畑の一部で、冬を越したコスモスが自然に発芽して育ち、小さな花をつけ始めています。7月頃にはたくさんの花が咲きそうです。
面積は、コスモス畑全体の3分の1程度ですが、夏に種まきをして秋の開花を予定していましたが、今年は、夏と秋に2度コスモスが楽しめそうです。

DSC_0281_edited.jpg
 

農楽園からのお知らせ

イベントのご案内や活動状況です

​​ひまわりの種まき

​​5月11日(水)

あがた駅南産業団地の緑地に青パパイヤの苗を植え、ヒマワリの種を蒔きました。渡良瀬会の仲間が大きな石を拾い、張ったロープに沿って種をひとつづつ丁寧に蒔きました。ヒマワリはたくさんの花が咲く種類の種を使いました。夏になったら花摘みをする予定です。青パパイヤは秋になったら実がなるのでこちらも収穫が楽しみです。

いちご狩り

​​5月22日(日)

春の恒例イベントのいちご狩りです。渡良瀬会の入所者を招待して、今年も会員のイチゴハウスを会場に開催します。専用箱を500円で販売しますので甘い「とちあいか」をたくさん摘んでください。当日は農楽園の新鮮野菜の販売も予定しています。賛助会員の特典イベントとなりますので、ご家族やお友達と一緒に参加してください。

​​農業体験

​​6月9日(木)

​協和中学校の2年生が、あがた農楽園に農業体験に来てくれます。ちょうど植えたジャガイモが収穫の時期を迎えているので、ジャガイモ掘りをしてもらうことにしました。地元の子供なので珍しくはないと思いますが、当日は渡良瀬会の仲間も一緒に作業しますので、障がい者と触れ合う良い機会になればと思います。

​​じゃがいもの配布

​​6月下旬から

じゃがいもの収穫が終わりました。早い梅雨入りで雨が心配されましたが、予定の日だけは晴れて、農業体験の中学生と一緒に作業を完了することができました。今年は、男爵、メークイーン、キタアカリの3品種となりますが、賛助会員の皆さんには近日中にお届けできると思います。ジャガイモの味比べお楽しみに。

​​よこまち8周年記念

6月27日(月)

​あがた農楽園のパートナーである社会福祉法人渡良瀬会の「コミュニティカフェよこまち」がオープン8周年を迎え、施設の利用者とスタッフ、関係者で祝いました。みんなとても楽しく笑顔の溢れるひとときでした。これからもこの仲間たちと活動を続けていきます。応援よろしくお願いします。

 

商品のご案内

あがた農楽園では、障害を持つ仲間が育てた新鮮で旬な野菜をはじめ、その関連商品を販売しています。売上金の一部は、コスモスやひまわりの摘み取り、イルミネーションなどの地域貢献活動に活用します。

​ご協力をお願いします。

よこまち全景_edited.jpg
 

販売店舗 コミュニティカフェよこまち

足利市葉鹿町735番地1​

電話 0284-63-2300​

 

新鮮で旬な農作物

​ベテラン農家の指導のもと、渡良瀬会の仲間が精魂込めて育てた農作物です。ぜひお買い求めください。

「コミュニティカフェよこまち」または「オンラインショップ(食べチョク)」で取り扱っております。​

さつまいも_edited_edited.jpg

有機栽培「紅はるか」

​​種芋の植え付けが終わりました。10月上旬頃に収穫・販売予定です。

去年はじめての栽培でしたが、とても甘くて美味しいさつまいもができました。
今年も、干し芋で有名な「もとざわ有機農園」さんから、紅はるかの苗をたくさんいただき、栽培面積を増やして育てています。もう少しお待ちください。

DSC_0177.JPG

​​ハウス育ちの「スナップエンドウ」

11月頃に収穫・販売予定です。

まだまだ馴染みのない方もいますが、さやぶどうに比べて、シャキシャキ感があり、とても甘いスナップエンドウ。農楽園ではビニルハウスで育てているので、色も形も大きさも、もちろん美味しさも格別です。

DSC_0313_edited_edited.jpg

​​掘りたて「じゃがいも」

コミュニティカフェよこまちで販売



男爵、キタアカリ、メークイーンの3種類のジャガイモを販売しています。もちろんお好みの組み合わせも承りますので店頭でご相談ください。

 

コラボ商品

​​あがた農楽園と社会福祉法人渡良瀬会が共同で商品を開発しました。

DSC_0249.JPG

​​スナップエンドウの

​ピクルス

​1瓶 500円(税込)

新商品です。
スナップエンドウの収穫が終了したため、在庫数に限りがあります。ピクルスが好きな方は一度試してみてください。

DSC_0286.JPG

農楽園オリジナル
エコバッグ

1枚 2,500円(税込)

あがた農楽園のオリジナルデザイン入りのエコバッグ(布製)です。

軽くてとても便利。二つのデザインから選べます。

​当面注文販売となりますので、お問い合わせください。

 
紫色の花畑

​​イベントカレンダー

2022

 
IMG_3192_edited_edited.jpg
RIE_3632_edited.jpg
RIE_4383.JPG

​ジャガイモの種芋の植え付け(2月)

会員の農地をお借りして「男爵・メークイーン・キタアカリ」の3種類のジャガイモを植え付けます。今年は作付面積を少し増やす予定です。収穫したじゃがいもは、詰め合わせにして賛助会員にお配りします。

いちご狩り(5月)

​会員のイチゴハウスを開放していただき、渡良瀬会の障がい者の仲間たちと一緒に、新種「とちあいか」の摘み取りを楽しみましょう。賛助会員の皆さんには、好評につき1箱500円で詰め放題のサービスを今年も予定しています。いちご狩りの当日は、農楽園の新鮮野菜も販売します。

​​ジャガイモの収穫(6月)

ボランティアの皆さんにもご協力をいただいてジャガイモを収穫します。昨年は、収穫に汗を流した後、4種類のじゃがいもの食べ比べを行いました。塩やバター、塩辛をつけてのジャガイモは絶品でした。今年は幼稚園や小学校のお友達の「いもほり体験」も募集します。

DSC_0272_edited.jpg
DSC_0202_edited.jpg
DSC_0048_edited.jpg

​青パパイヤ街道とヒマワリ畑(7月)

​農楽園の新規事業です。5月頃、あがた駅南産業団地東側1ヘクタールの緑地に、青パパイヤとひまわりを植えます。藤本観音山古墳は文化財にふさわしいコスモスですが、ここは元気な工場にふさわしいヒマワリにしました。ヒマワリは、たくさん摘みとれるように多くの花が咲く品種を選んで植えます。秋には青パパイヤの実もなります。足利の新名所にしたいです。

​​さつまいもの定植(7月)

​昨年は、干し芋で有名な県町のもとざわ有機農園さんから「紅はるか」の苗のご寄付をいただいて、百頭町の遊休農地を耕してさまいもを栽培しました。渡良瀬会の仲間たちと苗の定植をしました。今年は、場所を増やして実施します。もとざわ有機農園さん、今年も苗の提供よろしくお願いします。

​​スナップエンドウの種まき(8月)

 収穫は11月頃から始まります

​昨年、農楽園の主産農作物として、スナップエンドウの栽培を始めました。鈴木正世美さんのビニルハウスを改修して種まきから収穫・販売まで初めて尽くしの作業でした。種まきは渡良瀬会の仲間たち、収穫は地元の高齢(?)者に手伝ってもらいました。スーパーで販売しているスナップエンドウは鹿児島産がほとんどですが、栃木産を見かけたら農楽園で栽培したものです。今年はハウスの温度管理や栽培方法など工夫しながら足利が産地となるよう頑張ります。

DSC_0131.JPG
DSC_0162_edited.jpg
RIE_4676.JPG

​​コスモスの摘み取り(11月)

​​藤本観音山古墳の周辺約2ヘクタールにコスモス畑を作ります。8月に渡良瀬会の仲間と除草をしてコスモスの種を蒔きます。咲いたコスモスは地元の方々をはじめ見に来てくれた人に自由に摘みとってもらいます。昨年の摘み取り解禁日には矢場川幼稚園の子供たち、渡良瀬会の施設利用者など多くの見物客で賑わいました。古墳の知名度も随分あがったと思います。

​さつまいも掘り(11月)

​7月に植えたさつまいもの収穫を行います。昨年は、幼稚園や小学校の子供たちが芋ほりにやってきてくれました。当日は焼き芋を配り食べてもらいましたが、甘いさつまいもにみんな大喜びでした。収穫したさつまいもは賛助会員の皆さんにもお配りしましたが、今年はすでに学校行事で芋ほりの予約があり、期待せずにお待ちください。

あがたスマイル・イルミネーション(12月)

​昨年は、法人設立1周年記念行事としてイベントとともにイルミネーションの点灯を行いました。名前もみんなが笑顔になるようにと「あがたスマイルイルミネーション」としました。初日はアマチュアバンドの演奏、落語、夜店などで賑わいました。今年は希望者に飾りつけを行ってもらうなど規模を拡大して実施する予定です。

​​笑顔づくりに

ご支援をお願いします

コスモス畑を作るための費用が必要です。秋に美しい花を咲かせるため善意のご寄附をお願いします。

DSC_9922.JPG
 

​​問い合せ・申し込み

送信が完了しました。

 

​​特定非営利活動促進法の定めるとこにより、あがた農楽園の法人情報を開示します。

栃木県足利市県町1272番地

電話090-1619-8678(石川)